" キャンペーン "のタグを含むエントリー記事一覧

auひかりキャンペーン料金比較

auひかりの各プロバイダが独自に実施しているキャンペーンを比較しています。

料金比較は、『ずっとギガ得プラン』になります。ずっとギガ得プランは、auひかりホームタイプで、3年間の継続契約を条件に、毎月の月額利用料が割引されます。

マンションタイプのキャンペーン料金比較を追加しました。
»auひかりマンションタイプキャンペーン料金比較

2年契約のギガ得プランもありますが、auひかりのホームタイプの場合は、工事費分割払いが30カ月間続きますので、3年区切りの方がお得になるのではないでしょうか。

プラン 1年目 2年目 3年目
ギガ得プラン(2年契約) 5,200円 5,200円
ずっとギガ得プラン(3年契約) 5,100円 5,000円 4,900円

『ずっとギガ得プラン』と『ギガ得プラン』で月額料金は変わりますが、キャッシュバックキャンペーンの内容が変わる事はほぼありません。

また、auひかりは、フレッツ光のようにプロバイダの違いで料金が変わるのではなく、標準利用料金はどのプロバイダでも均一です。価格の違いが出るのは、各プロバイダーが独自で開催している割引キャンペーンによるものです。標準料金から〇〇円割引になります。

キャッシュバック内容は、有料オプションサービスに加入せずに、純粋にau光回線とプロバイダのみ契約した場合の条件です。高額キャッシュバックを謳っているサイトの中には、有料オプションサービス加入が条件になっている場合もありますので、ご注意ください。

また、よくある工事費無料のキャンペーンは、月額利用料金とひかり電話サービスの割引額を初期費用に充てたものになりますので、実質的には中身は同じです。

例)
月額料金割引750円+ひかり電話割引500円=毎月1,250円の割引
工事費分割払い:毎月1,250円の支払い
両者を相殺して0円になります。

初期費用として3,000円の登録料が必要になります。

※auスマートバリューは、auスマホ側の金額を割り引くサービスで、プロバイダの違いによって割引金額が変わることはありません。どのプロバイダでもスマホ料金の割引額は同一です。

ずっとギガ得プランキャンペーン

プロバイダ キャッシュバック 1年目 2年目 3年目
【So-net 光 (auひかり)】 45,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
3,500円
DTI 38,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
BIGLOBE 25,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
@nifty auひかり 10,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
ASAHIネット 3,700円 3,600円 3,500円
GMOとくとくBB 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
@T COM 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
au one net 5,100円 5,000円 4,900円

ソネットが常に頭一つ抜けてる内容です。ソネットは、高額キャッシュバックと月額料金割引プランを選択できます。トータル的にはキャッシュバックの方がお得になりますが、毎月の支払いを抑えたい方には月額料金割り引きプランも選択できます。
ソネット乗り換えページ

auひかりはフレッツ光と違い、契約後にプロバイダのみの変更ができません。

プロバイダと光回線がワンセットになっていますので、プロバイダを変更しようとすると、一旦auひかり解約、別プロバイダで新規申込みになります。この新規申込みでも新たに初期費用として工事費が必要で、切替期間中はインターネットが使えない期間も出てきます。

auひかりに対応しているプロバイダは多くありませんので、選択肢は限られますが、大手のソネットは選択しやすいのではないでしょうか。

この他のキャンペーンとしては、ひかり電話の無料サービスなどもあります。
(auスマートバリュー適用には、ひかり電話への加入も条件になります。auひかり+ひかり電話)

※キャンペーン内容は変更される場合があります。最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。

おすすめ乗り換えキャンペーン

プロバイダーの乗換えの際に利用できる、オススメの乗り換えキャンペーンです。

乗り換えキャンペーンは、新規光回線開通ほど高額なものはありませんが、プロバイダーの月額料金と合わせて比較したい項目です。

現在、オススメのプロバイダー乗り換えキャンペーンはOCNです。

プロバイダーの最安料金としては、BBエキサイト(月額500円)がありますので、金額重視ならBBエキサイトがおすすめです。

参考:プロバイダー料金比較 マンションタイプ / ファミリータイプ

格安系プロバイダーではなく、大手プロバイダーで比較すると、金額はほぼ横並びになります。その中でOCNは、乗り換えの方を対象に、現金12,000円+初回無料訪問サポートを実施中です。

現金になりますので、使い方は自由ですが、現金12,000円を支払いに割り当てた場合のそれぞれの2年間の支払額と月額換算した場合は、以下のようになります。(マンションタイプ料金は、東と西で異なります。)

NTT東日本
マンションタイプ1、2:900円(税抜)×24ヶ月-12,000円=9,600円 月額換算約400円
マンションタイプミニ:650円(税抜)×24ヶ月-12,000円=4,392円 月額換算約150円

NTT西日本
マンションタイプ1、2、ミニ:810円(税抜)×24ヶ月-12,000円=8,424円 月額換算約310円

東・西日本エリア共通価格
ファミリータイプ:1,100円×24ヶ月-12,000円=14,400円 月額換算約600円

マンションタイプなら、どちらの地域も実質ワンコイン500円以下で利用できます。

OCNは、光会員数No.1の800万人に選ばれる大手プロバイダーです。プロバイダー選びは料金だけでなく、サポート、品質、信頼も重視したい方にはお勧めのプロバイダーになります。初回接続設定訪問サポートが無料になっていますので、乗り換えは難しいと思っている人にもオススメです。

»「OCN 光 with フレッツ」プロバイダ“のみ”乗り換えキャンペーン(終了しました)

※キャンペーン内容は変更される場合があります。最新情報は、公式サイトにてご確認下さい。