auひかりへの乗り換え

フレッツ光を2年以上使って、違約金の制限も終わった後なら、auひかりへの乗り換えも魅力的です。

フレッツ光のプロバイダーだけの乗り換えでは、多くのキャッシュバックや割引は望めませんので、思い切って回線を変えてみるのもひとつの節約方法です。

auひかりへの乗り換えの場合は、初期費用の回線工事費が高いのがネックです。フレッツ光のような工事費割引がなく、工事費を24ヶ月の分割払いになります。但し、キャッシュバックを併用して、月額換算でみればauひかりでも十分節約になります。また、理論値とはいえ、通信速度が最大1Gbpsと約10倍に上がるのも魅力です。

auひかりファミリータイプ初期費用:
回線工事費:37,500円 (1,250円×30ヶ月払い)
登録料:800円

ファミリータイプの月額利用料金が5,200円(プロバイダー代込み)です。これに初期費用の工事費月額1,250円が上乗せされます。これだけ見ると高く感じますが、キャンペーンを利用すると、ファミリタイプでも月額3,000円台で利用できます。

例えば、auひかりで最大級のキャッシュバックキャンペーンを実施ている@nifty auひかりですが、最大2ヶ月間無料、以降23ヶ月間月額利用料4672.5円、45,000円キャッシュバックがあります。

このキャンペーンを利用して、2年間で支払う実質的な月額あたりの料金は、3,755円になります。フレッツ光のファミリータイプなら6,000円以上支払っている人も多いと思いますが、毎月2,000円以上の差が出ます。それが2年間になれば、5万円を越える大きな金額です。

また、ひかり電話を利用している人は、auにも月額500円のひかり電話があります。これも含めて安くしたい人は、ソネットauひかりです。

ソネットauひかりなら、初月無料、25ヶ月間月額利用料4,460円、30,000円キャッシュバックと10,000分相当のソネットポイントに加え、auひかり電話500円が24ヶ月間無料になります。ひかり電話を利用している人は、ソネットの方が割安になります。

ソネットポイントは、毎月のソネットへの支払い代金に利用できます。(ソニーポイント、auポイントなどへの交換もできます。)

節約にもなり、通信速度も上がるauひかりへの乗り換えも魅力的な乗り換え候補になります。(auケータイ所持者は、KDDIまとめて請求でさらに100円/月割引もあります。)

最新auひかりプロバイダキャンペーン比較まとめ

※キャンペーン内容は変更される場合があります。最新情報は、各プロバイダページでご確認ください。

»auひかりで45,000円キャッシュバック

境界線