auひかり初期費用/工事費

auひかりを開通するのに必要な初期費用の説明です。auひかりホームタイムの初期費用は、工事費37,500円と登録料3,000円になります。

初期費用(工事費)は、37,500円を一括払いするか、毎月の支払いに上乗せして分割払い1,250円×30回にすることができます。通常は分割払いで、毎月の月額基本料に加算されます。分割払いにしておけば、最初の初期費用を減らせます。
(マンションタイプは1,250円×24回=30,000円)

また、月額基本料はプロバイダ料込みで5,200円(※ギガ得プラン)になります。この5,200円の基本料金に対して、各プロバイダで独自の割引が用意されている場合があります。
(マンションタイプは、これよりも安くなりますが、フレッツ光同様、マンションの規模、配線方式により月額料金は異なります。)

auひかりの工事費割引はほとんどないようです。稀にある工事費割引は、月額基本料の割引を初期費用に充てた実質無料のものです。

例えば、各プロバイダで、月額基本料金の割引き750円×30ヶ月、auひかり電話500円×30ヶ月無料などがよくありますが、この月額基本料金の割引を0にして、初期費用(工事費)の分割支払い料金に充てれば、実質的に初期費用無料に見えますが、中身的には同じ事です。
(750円+500円=毎月1,250円の割引)

月額利用料の割引か、初期費用の割引かの名目が違うだけですが、キャンペーンを利用すれば初期費用分は無料になります。

新規開通のauひかりキャンペーンでは、高額のキャッシュバックも用意されていますので、新規の方は、フレッツ光よりも割安に利用できるのではないでしょうか。

※ギガ得プラン:
2年間の継続契約を条件に毎月の月額利用料が割引されます。標準ブランは、月額6,300円になります。

»auひかりで45,000円キャッシュバック

境界線