プロバイダ変更とは

一般的なプロバイダ変更について説明しています。

プロバイダ変更と回線変更では大きく違ってきますので、この部分を混同しているとキャンペーン条件が全く異なってきます。

インターネットの契約をよく理解していない方は、プロバイダだけを契約してインターネットをしていると勘違いされていますが、プロバイダ+回線をそれぞれ契約してインターネットに接続しています。回線の部分に、フレッツ光回線やADSL回線がきます。

プロバイダだけを変更するのか、回線を新規に申し込むのか、プロバイダ変更の際はご確認下さい。

一般的にプロバイダ変更といえば、プロバイダ部分だけを変更することです。

フレッツ光の場合を例に取ると、現在、niftyフレッツ光を利用しているとして、niftyフレッツ光からOCNフレッツ光に乗り換える場合にプロバイダ変更になります。

 nifty+フレッツ光回線 ⇒ OCN+フレッツ光回線(プロバイダ変更)

これに対して、現在nifty ADSLを利用しているとして、OCNフレッツ光に乗り換える場合は、フレッツ光回線が新規申込みになりますので、これはプロバイダ変更ではなく、ADSL解約、フレッツ光新規申込みになります。

 nifty+ADSL回線 ⇒ OCN+フレッツ光回線(フレッツ光新規申込み)

nifty ADSLから、niftyフレッツ光に申し込む場合も、プロバイダは変更しませんが、回線が変更になっていますので、新規申し込み扱いです。

 nifty+ADSL回線 ⇒ nifty+フレッツ光回線(フレッツ光新規申込み)

インターネットの開通で、高額キャッシュバック、パソコンプレゼントなどがあるのは、回線が新規申し込みの場合です。プロバイダ変更だけでは、高額キャッシュバックなどはありません。

イメージ的には、回線新規申込みが携帯の新規・MNP扱いです。

プロバイダ変更のメリットは、安いプロバイダに乗り換えることで、毎月の利用料金を減らせる事、数ヶ月間の無料利用期間が得られることなどです。

もし、プロバイダ変更だけで、高額なキャッシュバックやパソコンプレゼントなどがある場合は、フレッツTVやひかり電話Aなどの有料オプション加入が条件になっている可能性がありますので、契約条件をご確認下さい。こういった有料オプションを利用すると、毎月数千円の利用料が必要になります。

フレッツ光料金の大部分が、光回線利用料金になりますので、プロバイダ変更だけで高額なキャッシュバックというのは無理があります。

auひかりへの乗り換えも同様です。niftyフレッツ光からnifty auひかりへ乗り換える場合なども、回線が変わりますので、新規申し込み扱いです。

auひかり(KDDI)とフレッツ光(NTT)は違う回線です。フレッツ光からブロバイダだけを変更して、auひかりは利用できません。当然ながら、auスマートバリュー割引も利用できません。auスマートバリュー割引を利用したい方は、回線の乗り換えが必要です。

フレッツ光から回線を変更せずに月額料金を安くする方法として、光コラボレーションへ転用する方法もあります。

フレッツ光回線を新規にご検討の方はこちらでご確認下さい。